サッカーについてだらだら書いてます。
基本、生活はサッカー中心に回ってますーっ
<< ◇前に進むしかない◇ main ◇すずしゅーが!!!!◇ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
◇ありがとう、これからも◇
林、たけ、きり。
福ちゃ、槙野、やな、みち、篤人、太田。
司、もりげ、せーや、ドカベン香川、あとむ、陽介。
えなり、こーた、マイク、でかし。

みんなみんな有難う。

アジアユースで出会えてよかったよ。

またPK戦での敗戦。

今回は審判が酷かったらしいけど。

とりあえずPK戦と得点シーンだけ
スカパー見ました。

後でゆっくり試合は見るとします。

◇日本
みち× こーた○ 槙野○ でかし× 陽介
◆チェコ
○ ○ ○ × ○
よって3-4で日本の敗戦。

でかしが外して相手が外さなければ
日本の負けが決定してしまう。
祈るあおじゅん。
PKを外してしまったみちは
ボケーってしてる。(↓の後の映像だっけ?
そんな中相手のPKはバー。
まだ望みが繋がった!!
次のキッカーは陽介。
やばい、陽介の顔が真剣だ(当たり前
やばい、かっこいい←
やばい、いつもと違うギャpp…
そんなん言ってる場合じゃないっっ!
陽介は右上にPKを決め
望みは繋がったが後攻の相手が
PKを決め試合終了―――

終わった瞬間泣き崩れる
でかし....
PKを外してしまった責任
からもこみあげて
くるもねがあるんだと思う。
槙野の男泣き……
林をきりが慰めてる…
交代してPK戦には
ベンチで見守る形となった司。
(アジアユースでは一番悔しい思いをしたのは彼)
やりきったという充実感と
負けてしまったという気持ちが
交錯しているような涙。
陽介も試合が終わったら
終わったんだよね?という感じだったけれど
これが事実ということからか
涙を流す……

選手以上に涙を流してしまった。

とくに司と陽介の顔。
司はアジアユースの時の涙の顔と違った。
充実感というかやりつくした
って顔に見えた。
この大会にかける思いは
誰よりも強かったと思う。
フランスで鍛えたフィジカル。
それが世界で通じるようになっていた。
フランスへ行ったのは無駄じゃなかった。
少なくともあたしはそう思えた。
陽介は終わった後なんか
これで終わっちゃったんだよね?
って感じで半分笑ってた(ありえないよね?的な感じ。
でもしばらくして涙を流してた。
少し涙が綺麗だった←

みんな1つになって戦えた。
こんないいチームは見たことない。

みんなに言いたい。

ありがとう。

そしてこれからもこのチームで
やってきたことを忘れないで

結果はベスト16だけれど
予選Gは無敗なんて今までなかった。

パフォーマンスで湧かせてくれた。

さらに試合ごとに成長を
感じられた。

絶対にJで活躍して
北京五輪にもでて
南アフリカに行ってほしい。

本当にありがとう。

私はこのチームを忘れない。





U-20の戦士達のコメント。


●福元洋平選手(大分)
「試合をやるごとに成長を感じるチームだった。得たものは大きい。経験を活かさないといけない、世界に来て力不足を感じた。色々あって、いいチームだった。今日は本当に悔しい。次にこの経験を活かさないと、いい経験だったとは言えない。活かせてからいい経験だったと言いたい。これからもみんなに置いていかれないように頑張りたいです」

●青山 隼選手(名古屋)
「つないでいいサッカーができてチャンスをものにできていた。もったいない失点だった。2点を決めてからディフェンスが下がり始めて、中盤も含めて連携が取れていなかった感じがする」

●内田篤人選手(鹿島)
「2点を取って、守りに入ってしまった。押し込まれて、引いてしまった。グループリーグ突破はできたけど、その先は厳しい、それが今の実力だということ。
2−0の時点で、これで勝ったとは思ってなかったけど、やり方が変わらなきゃいいなと思っていた。ディフェンスラインがどんどん下がっていった。そこで声が出ないとか、耐えられないとか。それが今の力だということです」

●槙野智章選手(広島)
「試合後は吉田監督も泣いていた。これでチームは終わりだけど、まだ選手には次があるぞって、頑張れって言われた。チーム結成からの2年間半で色々とみんなに言って、嫌なことや傷つけることも言ったかもしれないけれどって監督に言われて、みんな泣いた。
2年半で成長させてもらって、結果で恩返しをして、優勝して胴上げをしたかった。悔しい。本当にただの監督じゃなくて、すごく距離が近かったなと思う」


●柏木陽介選手(広島)
「もっとこのチームでやりたかった。監督のためにも勝ちたかった。精一杯やったから仕方がないです。
後半、相手は蹴ってきたが、そこでこっちまで蹴る必要はなく、つながないといけなかった。個人的には今日がいちばんよかった。左も右も見れたし、相手が来てもボールを取られなかった。守備でも動けた。ただもう少しFWをフォローしたかった。
試合中のPKは、2本目は仕方がないけど1本目は取らなくてもよかったと思う。チェコの蹴ってくるサッカーにもっと対応して、こっちもカウンターで攻め切れればよかった。チェコの形になってしまった。
延長は数的優位で30分もあったのに、無駄なミドルが多くてもったいなかった。今日はセットプレーのキックは良かったが、中に入ってくれなかった。
だから最後は自分で狙った。今日のプレーは良かったけど、大会全体を通しての出来には満足していない。でも最高のチームでした。みんなが引っ張ってくれた。ここまで来てよかった

●森島康仁選手(C大阪)
「チーム結成から、この2年半を振り返ると、最初は選ばれるだけでOKだった。試合にも、怖くて出たくなかった。AFCユース予選(05年11月)の頃からちょっと変わって、チャンスをつかんでやってきた。攻撃だけでなくて、みんなが守備も攻撃もやってきた。このチームのサッカーが楽しかった。中心としていちばん前でやっているけど、自分としては目立たないくらいでちょうど良いと思っていた。負けたことはとても悔しい。
次はチームをJ1に上げたい」

●香川真司選手(C大阪)
「本大会での4試合は短かった。やっぱり自分は運動量や技術もそうだし、全体的に戦えるように力をつけたい。走れないといけないと思ったし、フィジカル的にタフにならないといけない。強い相手にも転ばないようになりたい。ずっとこのチームにいたかった。雰囲気がよかった。ベンチから見ていて、今日は途中からやばい感じがしていた。途中からセカンドボールを拾われるようになり、やられた。
個人的にはツーロン国際大会の時に全然ダメで、この大会もメンバーに入れるかなってどきどきしていて、セレッソでも全然良くなくて。ボランチにも金崎夢生(大分)とかも出てきて、彼がケガをしたから入れたようなもの。
できれば、勝ってスペインとやってみたかったなあ。ナイジェリアも強かったけど、強豪っていう感じのところとやってみたかった。もっと勝ちたかった」


●吉田靖監督(U20日本代表)コメント

「このような形でここを去ることになり残念です。
近くで見ていないからPKかどうかは分かりませんが、2回続けて帳尻あわせみたいにカードが出たことは不満です。4戦での選手のプレーには満足しています。素晴らしい試合をさせてくれた、この地には感謝しています。
このチームは解散になりますが、これから選手たちは始まります。悔しさを次に生かして欲しいです

Q:後半のチェコのPKについて
「それはさっきも言ったのでもう言いたくないです。感想もないです。
最後15分は足もつっている選手もいたけれど、延長も考えながら選手を交代した。徐々にチェコのプレッシャーに押されていった。ラインも下がってしまって、もっと攻撃的にいければよかったが、体力的にも精神的にも、そうなってしまった。次があるから下を向くな、選手たちにはそう言いました」



やっこさん、ありがとう。


U−20ありがとう。

皆大好きだっ!!!!

Jでも応援するからねっ


出来るだけ多くの選手が
活躍てきますように...



21:36 カナダ世代(カナダ経由北京行き★☆) comments(0)
スポンサーサイト
21:36 - -
comment

message :